スカーレット

スカーレット7話「なんで」感想

スカーレット7話は借金取りのためにお風呂を沸かす喜美子が、どうやって借金取りを追い返そうかとおびえながら考えているところから始まります。

手元にある薪を見て、お風呂の温度を上げれば、借金取りが追い返せるかもしれない薪をかまどに入れようとした瞬間、お風呂に入っていた借金取りの男の一人が喜美子に声をかけてきました。

二人いた借金取りの兄貴分のような男は意外にも喜美子の立場から自分がどう映っているのかを分かっていて、自分にも娘がいることを話してくれました。

自分の娘から見たら常治は貸したお金を返さず逃げている悪い男に見えると言われ、喜美子は黙り込んでしまいます。そして、最後にお風呂の湯加減がちょうどいいと、喜美子にお礼を言ってくれました。

結局、喜美子がそのまま家の中に入ると、もう一人の借金取りがゆで卵を頬張っていました。直子が自分も食べたいと騒ぎだしたため、喜美子がその男に直子の分だけでも残してくれと必死にお願いします。

 

しかし、男は譲ってくれず、それを見た直子が怒って男の手にかみついてしまいました。逃げ出した直子を男が追いかけて、庭先で捕まえると宗一郎が現れ、相手のパンチをかわしながら一本背負いで撃退してしまいました。

そのころ常治は地元まで戻ってきていて、大野さんの雑貨屋を訪れていました。雑貨屋で頼んでいた中古の安いラジオが手に入ったと大野さんに言われ、お土産の赤い手袋を首にぶら下げながら、常治はホクホクしていました。

 

喜美子の家では、宗一郎が借金の一部を建て替えいました。しかし、借金はまだまだあると言われます。喜美子は借金取りに「借りたもんは必ずお返しします」ときっぱりと答えていました。

借金取りが喜美子たちの家を出て道を歩いていると、帰ってきた常治と鉢合わせてしまいました。借金取りはだました相手が常治本人だと分かったようで、宗一郎が代わりに1000円を払ったことを教え、「また来月もよろしゅう」と言って去っていきました。

 

喜美子が宗一郎から柔道のことを聞いていると、常治が帰宅します。宗一郎は喜美子たちの家を出た後、大阪で割のいい通訳の仕事が見つかり働いていたそうです。

お金もできたので東京に帰ることを決め、その前に喜美子たちのところに顔を出しに来たと話しました。宗一郎はどん底の状態から自分を救ってくれたお礼に、借金の肩代わりをしたかったのですが、常治はお金のために宗一郎を救ったわけではないと、手元にあるお金を差し出します。

 

しかし、1000円がきっちり出せず、足りないお金を探すためうろうろと家の中を歩き出しました。喜美子は常治のその必死さが理解できず、「なんで?」とうろうろする常治のあとを追って理由を聞こうとします。

常治はしつこい喜美子に思わず平手打ちをしてしまいました。喜美子はつぶやくように「なんで」と静かに言い、喜美子が常治をにらみつけるところで7話は終了です。スカーレット8話へ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です