スカーレット

スカーレット9話「はよみつけんかいって奥さんカンカンや」感想

スカーレット9話は、冬休みに入り喜美子が近所の子たちと柔道の練習をしているところから始まります。宗一郎が先生となり、受け身やすり手などひとつひとつ教わっていきます。

初日から厳しい練習で喜美子は「腕が上がらない」とぼやきますが、照子は三味線と踊りのお稽古をこなしていて、「こんなんへっちゃらや」と話していました。

 

それよりも照子は将来の夢があると言って、喜美子と信作にこっそり夢を教えてくれました。それは婦人警官になることでした。照子と別れた喜美子は信作の家で新聞を借りて、婦人警官が何なのか調べます。

その陰では信作の両親が、喜美子の父・常治が借金の建て替えのためあきらめた喜美子たちの手袋を、喜美子たちに渡そうと画策していました。

 

二人は手袋を喜美子に拾わせて、喜美子たちのものにしてしまおうと話し合い、すぐそばの通りに手袋を置いておきます。

喜美子は婦人警官誕生の記事を見つけ、これを貸してほしいとお願いし、大野夫妻にせかされて帰ろうとします。

 

そこへお巡りさんが大野家を訪れ、最近、草津で人さらいが現れているので注意するようにと話していました。

お巡りさんの手には大野さんが道端に置いた手袋が握られていて、喜美子に落としたか尋ねましたが、喜美子はそんないいものは持っていないと答えて、大野さんたちは慌てていました。

 

家に帰り、婦人警官の応募が殺到しているという記事の内容を知り、照子が無事夢を叶えられるか心配していました。

喜美子が直子にせがまれて絵を描いてあげていると、直子は喜美子の絵は上手なので絵描きになれると言ってくれましたが、喜美子は将来の夢よりも大根がうまく炊けるかの方が今は大事だと言って、自分には夢など関係ないと話していました。

 

常治は飲み屋で宗一郎と一緒に近所の男性陣とお酒を飲んでいました。宗一郎が常治の家に不満があると男性陣に言われ、常治が戸惑います。

そこへ大野さんは常治が手に入れたがっていたラジオを出し、宗一郎へのお礼として常治の家にラジオを贈ると話し、宗一郎は大野さんたちに手伝ってもらい常治へ間接的にラジオを贈った形になっていました。

 

翌朝、宗一郎と喜美子は山菜をとりながら、宗一郎が東京に行くことを喜美子は寂しがっていました。しかし、宗一郎から戦後先に満州から帰国していた妻が行方不明になっていることを知り、喜美子は早く探しに行けと言います。

宗一郎は喜美子のその言葉に励まされていました。大人はみんな、戦後4年も経ち見つからない妻はもう亡くなっているといい、あきらめろと宗一郎を諭します。

 

「はよみつけんかいって奥さんカンカンや」という言葉をもう一度聞きたがり、喜美子は笑って言っていました。場面は変わり、山道を走る照子のあとを、男が追いかけています。

喜美子が柔道の練習をしていると、照子の母親が照子を探しに来ました。喜美子が心配そうに照子の母親を見つめている。スカーレット10話へ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です